🎆〖シンガポール〗ド派手な年末年始カウントダウン花火_中国経由(トランスファー)🎆

更新日:2019/10/13

これからシンガポールで豪遊しようと考えている人向けの情報
✅ガイドブックに載っていない生の情報を知りたい人
✅行った人じゃないと気付きづらい注意点を知りたい人
✅現地で豪遊するために飛行機代をケチりたい人
✅カウントダウン花火を無料で観るときの穴場に行きたい人 
✅現地のガイドさんから教わった情報まで知りたい人
✅インフィニティプールから見るレーザーショーを楽しむためにマリーナベイサンズに泊まる人

記事内目次

準備

飛行機&ホテル予約_152,998円

2018/11/19(月)エクスペディアで予約

往路合計16時間55分

12/29(土)羽田空港13:30~中国上海虹橋(ホンチャオ)空港 SHA16:15(中国東方航空エコノミー。3時間45分)
乗り換え7時間15分
中国上海浦東(プードン)空港PVG23:30~12/30(日)シンガポール5:25(中国東方航空エコノミー。5時間55分)

復路合計12時間30分

2019/1/4(金)シンガポール23:00~1/5(土)PVG4:10(中国東方航空エコノミー。5時間10分)
乗り換え5時間
SHA9:10~羽田空港12:30(中国東方航空エコノミー。3時間20分)

荷物制限:23kg未満。3辺合計158cm未満
キャリーバッグの購入を考えている場合は、サイズを第一に選ぼう。制限を超えてしまうと追加料金をとられるので注意。 

時差

シンガポール、中国は東京より1時間遅れ

ホテル_エイティーン バイ スリー キャビンズ Eighteen By Three Cabins

朝食無料
トイレ・シャワー 各階に2個ずつくらいあり
ドライヤー、ボディーソープ、シャンプー(シャワー室)
無料WiFi
受付7:30~22:00
アイロン台、アイロンあり
無料のウォーターピッチャーあり。コップも自分で洗えば使ってよい
部屋とは別に受付の部屋に靴箱あり

ツアー予約

2018/11/24(土)にVoyaginで予約。15,652円

10% OFF シー・アクアリウム 1日パス シンガポール セントーサ島 割引 Eチケット
10% OFF メガ・アドベンチャーパーク(旧メガジップ) シンガポール セントーサ島 ジップライン 割引Eチケット
13% OFF マリーナベイ・サンズ (MBS) Eチケット スカイパーク 展望台 
30% OFF リバーサファリ & ナイトサファリ セット 割引Eチケット シンガポール
期間中ならいつでも行ってOK


2018/11/26(月)にVELTRAで予約

【ナイトツアー】マリーナ・ベイ・サンズ&ガーデンバイザベイで光のショー+クルーズ フライヤー乗車・夕食選択可<夜/送迎付/日本語ガイド>*当日9時まで予約可 / å¤•é£Ÿä»˜ãï¼ˆãƒãƒªã‚¯ãƒ©ãƒ–)+シンガポールフライヤー乗車/現地解散
参加日は事前に決めておく仕組み: 2019/01/02 (æ°´)
当日は届いたメールに添付されているバウチャーという紙面の提示必要

Wifi予約_2128円

出典:Pixabay

2018/11/29(木)にワイホーで予約。8日間で2128円(キャンペーン料金)
羽田空港で借りて、羽田空港で返却

シンガポールWi-Ho!3G 通常プラン 680円×8日=5,440円
WiFiルーター割引 -5,040円
あんしん保証 200円×8日=1,728円
商品手配手数料 540円
商品手配手数料 割引 -540円


最高級ホテル_マリーナベイサンズ予約_1泊56,610円

2018/12/4(火)にAgodaで予約。

2019/1/3(木)~1/4(金)


無料海外保険 自動付帯

出典:Pixabay

クレジットカードについている保険利用。年会費無料。自動付帯(使用しなくても携行しているだけでOK)

エポス(EPOS)カード

ジャックス(JACCS)カード

必須品

  • パスポート
  • キャリーバック
  • 携帯電話充電器
  • コンセント変換プラグ
  • 化粧水
  • 日焼け止め
  • マスク
  • 夏服、羽織るもの、ルームウエア
  • 予約したツアーのチケット
  • Amazonプライムの事前映画ダウンロード(空港での待ち時間に)

現地での電話のかけ方

出典:Pixabay

日本の携帯電話で、シンガポール→シンガポール:そのままの電話番号。あるいは +65-(先頭の0を除いた相手の電話番号)
シンガポール→日本:+81-(先頭の0を除いた相手の電話番号)
救急車:995。緊急でないとき1777
警察:999
日本大使館:6235-8855     

さあ出発だ

12/29(土) 10時~ 羽田空港

福岡空港から羽田空港に移動
↓ 
ワイホーレンタル 
↓ 
余裕をもって到着、ゴールドカード提示してラウンジでくつろぐ
↓
10:40空港内で食事(適当にラーメン)
↓
13:30飛行機搭乗
↓
14:30機内食

↓

16時~ 中国上海虹橋(ホンチャオ)SHA空港 ターミナル1

空港から出るとき、入国カード必要

ターミナル2から浦東(プードン)PVG空港までの無料バスチケット入手

空港の出口を出て2階に登る
↓
中国東方航空のサービスカウンターがあるので、係員に浦東(プードン)空港までのバスチケットをくれと言う
例)I want to go Poudon airport.Bus ticket please.(アイ ウォント トゥ ゴー プードン エアポート。バスチケット プリーズ)

日本円を元に両替

10元だけは両替できず
2,000円分両替した。47元になった(1元43円くらい)
両替するときの発音注意
元(ゲン)ではなくChinese yuan(チャイニーズ イェン)
円(エン)ではなくJapanese yen(ジャパニーズ イェン)

ターミナル2まで地下鉄移動

空港に居た現地の中国人に聞くと、ターミナル2までの無料のバスは無くなったようだ。
18:16外の景色を見るため一旦外に出た

↓
18:36地下鉄で移動するためもう一度空港内に戻り、地鉄と書いてある方に向かった

↓
18:39 つきあたりまで歩くと2方向にわかれていた
たしか左に歩いて行った

↓
18:45地下鉄の券を買う機械があった

3元でいけるのでたしか画面右上の「3元」を押した
↓

ターミナル2に行きたいので画面の左側の「虹橋2号航站楼」を押す
↓

欲しい枚数、今回は1枚買う
↓

こんなカード出てきた。このカードを入るときは改札にタッチ
↓

18:47 地下鉄待ち
↓
19:00頃ターミナル2に到着 改札出るときは先程のカードは挿入
↓

19時~ 中国上海虹橋(ホンチャオ)SHA空港 ターミナル2

↓
19:20発のエアポートバス乗車
↓       

20:30~ 中国上海浦東(プードン)PVG空港

20:30頃到着 
↓
空港に入るとき、出国カード必要
↓
21:58 晩飯 35元(約1500円)。ジャンクフードっぽいのに高すぎ!

↓
持ち物の中にガムが入っていないかチェック
シンガポールには持ち込めない。持ち込むと罰金なので注意 
↓ 

シンガポール到着

12/30(日) 6時~ シンガポールチャンギ空港 ターミナル3

6:09 空港到着 まだクリスマスの雰囲気が残っている
↓

日本円をシンガポールドルに両替

UOBという銀行窓口で5万円を612.5 シンガポールドル(SGD)に両替(1SGD=82円くらい)  


↓

朝食

6:50 朝食 マクドナルド 9.6 SGD(800円くらい) 
↓ 

ツーリストパス入手

観光に便利、公共交通機関が乗り放題

7:21 歩いてターミナル2に向かう
↓

8時~ シンガポールチャンギ空港 ターミナル2

8:11 到着。8時から営業ですでに人がいた

3日間 30SGD(2500円くらい)。デポジット式なので3日間使った後このカードを、このカードが買える駅(下画像の赤丸の駅)で返却すれば10SGD戻ってくる

Changi Airport[CG2]
↓
Expo[DT35/CG1]
↓
9:14 Telok Ayer[DT18]
シンガポールMRTの無料WiFiは電話番号登録必要だった

↓

9:45~ ホテル_エイティーン バイ スリー キャビンズ

駅から徒歩10分以内。入口はわかりづらかった
9:45 荷物預ける
↓

Telok Ayer[DT18]
↓
Chinatown[DT19/NE4]
↓
10:27 HarbourFront[NE1/CC29]

喉が渇いたのでアクエリアス購入 微炭酸1.5 SGD(120円くらい)入っててビックリ うまい

駅直結のショッピングモールみたいなところのエスカレーターで登っていき、外に出ると
ケーブルカーが見えた
どうやらあの建物に入れば乗れそうだ

ケーブルカー

9時 – 22時 (最終乗車 at 21:30)

10:44 受付はどこか忘れたが、予約時に入手したケーブルカーのEチケットを引換

ケーブルカーからの景色 うーん、快適 もうすぐ到着だ

11時~ セントーサ島

マーライオン

営業時間:10:00〜20:00(最終入場:19:30)

11:06 まずは数あるマーライオンの中でも最も大きいのを見に来た
↓
マーライオンの足元に入口があり、そこで予約時に入手したEチケットを引換
↓ 

11:09 カードを渡される
↓
カードを挿入するところがあり、挿入してみるとメダルに変わった!
カードの方が良かったのに 

口の中から見た景色

メガジップ体験(ジップライン)+メガジャンプ体験(ミニバンジージャンプ)

高いところから低いところに向かってワイヤーが張られていて、そのワイヤーに沿って滑り降りるやつ

他にも初心者に優しい小さいバンジージャンプや、高いところを移動するアスレチックもあった

13:04 滑り下りた先はここ

橋を渡って戻る
さっき預けた荷物は元の場所まで取りに行かないといけないのかと思いぞっとした
滑り降りる瞬間に写真を撮られたが、それを販売しているコーナーがあった
なんとその付近に荷物があったのでもしかして自分の荷物もあるのではないかとしばし待っていると届いた、よかったー
↓
13:29 さてここからどうやって移動するんだ と計画立てていない範囲だったのでその辺にあった地図をみた

散歩コースがあったのでそこを通ろう
ここを歩く前に緑茶を購入 甘くて残念

13:44 道しるべがあって安心

ところどころにイスがある
↓ 

14:07 昼食 6.8 SGD(600円くらい)


↓ 

14:23 蛇が好きな方は是非
↓

まるでネズミのあのランドのようだ

キャンディの飾りの場所を通過し、

行く予定だったシーアクアリウム

14:54 えっ!
予想以上の行列で、ホテルのチェックインに間に合わなそうなので今日は断念
 

15:19 再びケーブルカーに乗って帰る

16時~ ホテル チェックイン

16:14 自分だけの空間があり良い感じ

このカードを受取、いつでも出入り出来るようになった

運命の出会い STEVIA コカコーラ
砂糖控えめなのに、味はしっかり美味しい
シュガーレスのとは訳が違った
しばし休憩
↓

19時~ China Town_名物バクテー

Song Fa Bak Kut Teh Chonatown Point

電車で隣の駅だが街並みを見たかったので歩いて移動。徒歩20分くらいだったかな
19:09 名物バクテー  

待ち時間にうちわとメニュー表くれた

19:41 とうとう有り付ける うまそー

食っててスープが減ってきたら、店員さんがすっとスープを無料で追加してくれる
この味は忘れられない。また食べたい

24.95SGD≒2,000円

20:11 辺りはすっかり暗くなった
↓
今日はこのくらいにしてホテルでくつろぐ

2018/12/31(月)

7:47 朝食 パン、ソーセージ(皮はやわらかく、マシュマロのような触感。食べたことのない種類だった)、ゆでたまご

こんな感じに勝手にとって食べる

壁に観光地の絵があるので、昨日ここ行った!今日はここ行く!とか楽しみながら食事できる   

食事する席はたくさんある

足りなければ追加で取って来よう
↓
昨日行き損ねたシーアクアリウムへ
さすがにケーブルカーは高額なのでセントーサエクスプレス 往復4 SGD(330円くらい)

人多い

窓からの景色。向こうにケーブルカーが見える

ただ帰りはチケットの拝見なかった。どういう仕組なんだろうか、以下のみ乗り降りして確認とれている    
waterfront駅→sentosa駅:チケット拝見あり
sentosa駅↔imbia駅↔beach駅: チケット拝見なし

11時~ セントーサ島 シーアクアリウム

Eチケットの引き換えは10:00〜18:00   

入るときの列について、現金で支払う人は左、Eチケット持ってる人は右に並ぶ

11:58 水族館は世界共通の癒しの場のようだ

3.5SGD≒290円

セントーサ島で飲み物を買うと高いので、島に入る前に買うべきだった

13:46~ China Town_B級グルメ ホーカー

13:46 昼食

13:58 魚の練っただんごスープ

14:09 別の店も見てみる

14:14 おかずだけで良かったが、米とスープもセットで買わないといけなかった
好きなものだけを食べるというわがままは通用しなかった
↓
移動中に寄ったclark key駅のトイレは、トイレットペーパーが大便器の部屋の外についているのでちぎって持って入ること。カバンを掛けておく棒もないので注意
↓   

21時~ Suntec City_名物ジンジャーチキン

Soup Restaurant Suntec City Mall

合計33.78SGD≒2,800円

21:02 名物ジンジャーチキン(写真左) ジンジャー好きにはたまらない
カウントダウンに備えて水分はなるべく控えた 
↓
そろそろカウントダウン会場に向かおう

22:19~ カウントダウン会場

22:19 建物の上に乗り上げた船が見える。ここはまだ人が少ない
さてどこの場所にしようか 
昨日とか今朝、下見しとけばよかった と後悔しながら歩く 

22:20 だんだん人混みが見えてきた 
まだ遠いし、木で花火が隠れそう  

22:26 観覧車が見える辺り 右の建物が邪魔 
なんと有料席だった 買おうと思ったが既に売り切れ 
しまった!肝心なものを調べていなかった 

22:30 柵があるがこの辺りが良さそうだ  
他の人はもっと良いところないかうろちょろしててその隙に2番前に来れた
1番前の人に、私が写真撮りたいから譲って とお願いしたら譲ってくれた ありがとうございます
喉が乾いたがトイレに行かなくていいように我慢 

23:09 思いのほか早く1発目の花火が上がった

23:15 花火が次々と上がる

会場もだんだん盛り上がってきた
その後も花火は続き、
23:50 なんと目の前の柵が開いた!警備員が開けてくれた!     

よく調べもせずに来た場所がすごく良い穴場だった
こちらの橋は人が少なく、向こう側には人混みが見える 

あと2分52秒の表示がされた

あと34秒

あと3秒

0秒、と同時に花火が上がった
花びらのような建物、アートサイエンス・ミュージアムとプロジェクションマッピングの組合せが凄く好き
有料席からは見えないからその点でもこの穴場は素晴らしい   

花火も打ち上がり、年が明けると帰り道で演奏やってた

テレビで生中継しているようだ

2019/1/1(火) 9時~ China Town バス乗り場

9:27、10:27、17:56、18:56と本数少ないので注意  

11時~ リバーサファリ

容器さえあれば水の補給は無料。入口付近と、中に入ってからも1箇所見かけた。写真の左側よりも右側のマシンから出る水の方が冷たかった

その名のとおり川系の動物が多い

12:30 昼食 11.9 SGD(1000円くらい)

13:01 レッサーパンダ こっち向いてくれた
リバーサファリ内には会場がいくつもあるが、ここは冷房が効いていて涼しかった   

たしか14:30から開始のショー

Amazon River Quest(アマゾンリバークエスト)ボート

15:03
前に座っていた韓国系3人組のうち1人に上からフンをかけられていた
ティッシュとウェットティッシュとゴミ袋は持ってた方がいいかも

18:31 晩飯 バナナの上げたもの(写真右)
レストランは19時に閉店

19時~ ナイトサファリ

19:15または20:15の入場回は大変人気なので、当日の朝とかに予約しておこう
もし取れなかったら21:15、22:15入場となる 

大行列に並んでトロッコに乗り込む
暗くてトロッコに乗りながらの写真撮影は難しい、歩いてもいけるのでカメラ固定してシャッタースピード落として撮影するのがいいかも 

21:21 ショー。結構な人数座れるが人気ですぐいっぱいになる

動物と一緒に物語を見せてくれる 

22:03 ファイヤーショー

お土産のチョコレート購入

帰りのバスは14:30、16:30、21:20、22:20、23:00
22:20発の帰りのバスは22:20にバス乗り場付近の受付に行っても埋まってて席取れなかった
23時発のは23時過ぎてから来た

1/2(水)

11:30 China Town駅でツーリングパス購入。30分待ちだった。
初日に購入したカードのデポジット分差し引かれ20SGD≒1,600円で済んだ。 

12時~ スカイパーク展望デッキ

営業時間9:30~22時(月~木)、9:30~23時(金~日)
パスポート必要 

すでにEチケットを持っているならチケット売り場に並ばず、そのままゲートの前に行けば良い
12:26 展望台に昇る

12:58 足場はしっかりしたつくりで安心

Barもある

昨日花火見た場所が見える(赤枠)
各スポットを一望できる

宿泊者限定のインフィニティプールが見える
うらやましい、明日絶対行ってやる 

14時~ 名物Ocean Curry Fish Head

14:18 名物フィッシュヘッドカリー 。事前に調べていたイメージと全然違う、魚の頭が無いし残念
味は美味しかった。他に1品好きなものを選ぶシステムだった。15 SGD(1200円くらい)。席についていると飲み物どう?と聞かれミネラルウォーター(ウォーターじゃ通じない) と答えると1 SGD(80円くらい)とられた。有料だったのか

17:30~ VELTRAツアー

Fairmont Singaporeというホテルのロビーに17:30集合
ここまで行く途中の道は横断歩道が少ないので思ったより到着に時間がかかった
ガイドは10分遅れて来た。しかも玄関と反対方向からやってきた。周りの人たちと焦ったが無事開始
ロビーで座っていれば下の名前を呼んでくれる 

日本語ガイドつき  
参加者は日本人だらけで海外に来た雰囲気が薄れる
1人だとアウェイ感強い 
ただ一気に色んな観光地に連れてって貰えるので感謝 

名物チリクラブ 汚れないよう手袋貰えた。円卓で周りとシェアしながら食う 遠慮して食いづらかったので腹は3分目くらい

19:30頃乗船 25分程船に揺られる。席は右側に乗っても左側に乗っても、結局船は一周するのでどちら側でも良い

20時~ 光のショー


20:20までのショーが終わるとすぐに次の場所へ。時間も短いのでトイレも行く時間ないほど。

20:45~ ガーデンバイザベイ

10分間のショー

上に人がいる。歩けるようだ

21:30~ シンガポールフライヤー

21:35 中はこんな感じかー

21:40 搭乗

21:59 観覧車のてっぺんからちょい下がりくらいのところで撮った
22:10 降りた。30分間乗ってたのか。   
ゆっくり見れる反面、その間密室に居るのでトイレは必ず先に済ませておくこと 
ツアーはここまで、現地解散
帰りのルートを調べてなかったのでマリーナベイサンズあたりの駅まで歩いて帰った 

23:09 ホテルでの夜食 セブンイレブンで買ったCHILLI CRABのカップヌードル

1/3(木)

バスは手を挙げて前ドアから乗る。降りるときは後ろドアから。

12時~ カトン_名物ラクサ

バスで移動
12:38 昼食328 カトンラクサ

これは好き嫌い分かれそう
↓ 

13時~ マーライオン

13:53 エイティーンバイスリーキャビンズホテルから15分くらいのとこにあった

15時~ マリーナベイサンズ チェックイン

15:09
日本語対応のチェックイン受付あり

15:15 廊下もゴージャス

15:16 広すぎ!玄関のドア開けたら自動でカーテンが開いた

昨日行ったガーデンバイザベイが見える

15:22 洗面所もおしゃれ

シャワールームはガラス張り

17:34 インフィニティプール(営業時間6時~23時)に入ってみる

まあまあ人はいるがくつろげる

18時~ Amoy Street food Centre(ホーカー)

2階建て

どちらの店のものも食べてみた
飲み物は持参したもので対応

20時~ マリーナベイサンズ インフィニティプール

昨日見たガーデンバイザベイのショーを部屋から見てみる

昨日見た光のショーをインフィニティプールから見てみる

1/4(金)

エイティーンバイスリーキャビンズで朝食
チェックアウト
↓
マリーナベイサンズチェックアウト

12時~ カジノ 

店内写真撮影は禁止
パスポート必要
中には無料のドリンクマシンあり
1階は喫煙可能、2階は禁煙
遊び方がよくわからなかったので、ググってルーレットだけは出来そうということでやった。50 SGDが100 SGDになった(4000円くらいの儲け)
軽食も置いてあるので便利。私はサンドイッチを2つ購入。 

       

Telok Ayer
↓
Expo
↓
Changi Airport
初日に買った場所で3日間のツーリストパスの返却
リファイヤーみたいなことを言われるのでイエスと答えると10 SGD(820円くらい)ってくる   
↓
搭乗前に荷物預ける
↓
パスポートと旅券を見せて入る
↓
親指、人差し指の指紋を自動認証 

16.5SGD≒1,400円

空港でお土産          

17.5 SGD≒1,400円くらい

4つで1セットだが、1つ1つは封がされていないので別々の人に配りづらかった
↓
余ったシンガポールドルを元に両替え
↓
飛行機搭乗       

シンガポール出発

1/5(土)4時~ 中国上海浦東(プードン)PVG。空港での客引きタクシーとトラブル

ここで痛恨のミスに気づく
明け方だからまだ公共交通機関が動いていない。次の飛行機があるので動くまで待ってる時間もない。
よし、怖いがタクシーに乗ろう
調べてみると295元(5,000円くらい)で行けるようだ
https://nobuhidematsubara.com/hongqiao_transfer   
↓ 
空港出たところでうろちょろしてるとその様子を見たのか見知らぬ男2人に声かけられる。話してるときにかかってくる息もなんか匂ったことのない臭い匂いがする。タバコ?あやしい。ただここ空港だし少し様子みるか。
相手の言動に注意しつつ話を聞く
550元(9,400円)くらいで多少高いが深夜料金なのかとも思いつつ金を払い領収書はしっかり貰った

↓
金を受け取った男はその場に残り、もう一人が運転手だったようでタクシーまで案内してくれた
地上に出るのかと思いきや駐車場に連れていかれた
あれっ、タクシーなのに車の屋根に会社名表示するライトがない! 
万が一のためすばやく車のナンバーは写真におさめた

荷物をトランクに積み、後部座席に乗り込んだ
中国でのWiFiは契約していなかったが、携帯のGPSは機能していたのでGoogleMapを見ながら現在位置を確認
一応中国上海虹橋(ホンチャオ)空港 SHA には向かってくれているようだ
もし変な所に連れていくようなら、携帯の飛行機モードを解除して、金は掛かるがナンバーの画像を身内に送信する
例え死んだとしてもこの証拠から捕まえて貰う と命がけの判断   
地図をこまめに確認しながらなんとかSHAに到着

ところが、金を要求しだした
サービス料をよこせとのこと
やなこったと思ったのでそこでつたない英語で口論
私:タクシーの屋根にライトが無いことで本当はタクシーじゃないだろと指摘
運転手:アップルタクシーだ と言い張る

なんじゃそれ、iPhoneが有名だからなんでもアップルとつければ外国人を騙せると思ってるのか と思い、詐欺の可能性がどんどん高くなってきたのでこんな奴らに絶対に払うもんかと思った
最悪、車発進されてもトランクの荷物は犠牲になるが飛び降りようと決めた

私:金は1万円しか持ってなく、さっきタクシー代払ったのであんまり残ってない
運転手:わかった。その残りで良いからよこせ
私:いやだ
運転手はイライラが隠せない様子
私:わかった、一旦トランクの荷物おろして

運転手は私の「わかった」を払うと勘違いしたようで、素直に荷物出した
周りに人も居るしもうこっちのもんだ ということで

私:払わない
運転手はキーっと怒り私を睨みつけながら空港をあとにして行った
ふーっ。なんとか空港に着いたが、今後はトランスファーの早朝、深夜便は二度と乗らないと決めた 

中国上海浦東(プードン)空港PVGは誰でも出入り出来るようだ
中国上海虹橋(ホンチャオ)空港 SHAは入口に警官がいて誰でも出入り出来ないようだった

ローソンでサンドイッチと牛乳 27元くらい(500円くらい)で落ち着く
↓
荷物預ける前にボディパスと呼ばれる席取り機(荷物預けカウンターの向かい)を先に操作

あとは通常通り、飛行機に乗り家にたどり着く    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です